前方不注意、空っぽ注意

10月24日作成。連続更新記録314日目。



「何を考えてるかわからない人」、「不思議な人」
って言われるのが結構好きだったのに、たった1時間程度、しゃべったかしゃべってないかって人に自分の本性を言い当てられたのはちょっと悔しかったな。

まあ、過去にそういう人がいなかったわけでもないし、私自身もどっちかというと相手の本性を見抜くタイプの人間だから驚きではないけれど。




その人と1時間程度話してよかったのは、否定されなかったことかな。
その人も否定されるのが嫌いだから、誰かを否定しないって言ってた。
その関係性が正しいのかはわからないけれど、それでも私にとっては意味があったのかもしれない。




話をして、今の私に足りないもの、私が探していたもの、今後の方針を指し示してくれたのは何よりもありがたかった。
そうか、そっちのスキルが足りなかったのかって、目から鱗が落ちた。





でも、言い方を換えるなら、たったそれだけ。
私が欲しかった物を与えてくれる神ではないんだよね。
神なんてこの世にいないわけだし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: